ツールドフランスがもっと日本でもメジャーにならないかな?

かの有名な大規模自転車レース、ツールドフランスは毎年7月にフランスで行われます。
なんと第1回大会は1903年とされ、第1回の参加者はわずか60人と言われています。

フランスの国内、およそ2400キロを走り切る過酷なレースは、1日に500キロを走る日もあるとされ、もはやレースというよりもトライアスロンや、冒険と言うにふさわしいほど厳しいものです。
現在では世界で最大級のロードレース大会になり、路上で観戦するお客さんは1000万人、レース中継を見る視聴者はなんと全世界で30億人を超えています。

世界中の自転車乗りを興奮させるポイントは、やはり過酷さにあります。
ツールドフランスとは、日本語にして「フランス一周」という意味を持ち、選手は3週間もの時間をかけて国中を駆け回り、現在ではトータルで3500キロを走るとされています。
日本でいうなら本州をぐるっと一周するほどの距離になります。

フランスですので、当然ながらアルプスの険しい山岳地帯を走ることもあり、超人的な一流選手たちがしのぎを削りんす。
選抜された世界最高峰のトップチーム、UCIワールドチームとして18チーム、主催者からワイルドカードとして選出されたUCIプロコンチネンタルチームが4チームの、合計22チームです。
いうまでもなくワイルドカード枠だとしても、全員世界トップクラスの実力を持つレーサーです。

今年のレースは終わってしまいましたが、来年はぜひ見てみてください。

ロードバイクのホイール交換にフルクラムのレーシングゼロを検討

ロードバイクに乗りなれて、レースなどに出ると
欲しくなってくるのが完組ホイールですね。

完組ホイールといっても色々な種類やメーカーがありますが、
私の場合には、得にヒルクライムが好きなので、
軽量かつ剛性の高いものを比較して選んでみた。

とはいえ、予算の都合もありますが、
カンパニューロ、フルクラム、マヴィックあたりが
一番いいのではないかと思います、

得にフルクラムのレーシングゼロは、友人に借りて乗ったこともあり、
印象的でした。

このレーシングゼロのリムがカーボンになったのが、レーシングゼロ・カーボンです。
カーボンのリムとアルミのスポークを独自の手法で組み合わせた、全く新しいホイール
だとの事です。
従来のレーシングゼロのアルミに用いられているアルミの、伝説的な剛性、反応性はそのままに、さらに洗練、改良を加えられたそうなので
今のところは、これが購入の候補になっています。

、また、近年の車体はタイヤが太いのが特徴的で、ワイドリムの必要性も高まってきています。
タイヤがゆがむことなく、正円を保ち続けるためにもワイドリムを取り入れていきたいというところが多くなっているようです。

自転車の練習に縄跳びはありえるのか?

ダイエットに有効な運動は様々ありますが、縄跳びもとても有効なのをご存知でしたか?

よく、プロボクサーなどがマラソンなどの走り込みに加えて縄跳びを飛んでいますよね。
縄跳びは、実は減量という目的に対してとっても効果的なんですよ。

縄跳びもウォーキングやジョギングなどと同じく、有酸素運動の一つですが、普通の縄跳びなのでやることはひたすら飛ぶだけです。

ですが、長い時間継続していると、普通の有酸素運動で得られる効果を得られるんです。
具体的には心肺機能の向上、リズム感、俊敏性などが上がります。

ただ走るのとはまた感覚が異なりますので、ストレス発散や気分転換の効果も期待できます。

さらに縄跳びで飛ぶと、全身の脂肪が揺れて、いい刺激となります。
つまり自転車に乗るような全身運動になるんです。

なので効果がとても高く、余分な肉を少しでも落としたいボクサーなどにとても人気だということです。

ちなみに、ボクサーは縄跳びをするときやランニングをするときは、サウナスーツを着ることが多いですよね。
それはもちろん、汗を大量にかいて余分な水分や老廃物を流して軽くするとか、代謝を上げるという目的のためです。

是非とも運動でたくさん汗を流してみてはどうでしょうか。

レースなどはじめての事に取り組む時

努力は嘘をつかないと言っても、方向性を間違えれば結果は出ず、嘘になってしまうことがあります。
タイムを上げるとか、仕事で成果を出すとか、何事もそうですが、考えて努力をしなければ、結果が出ないことはよくあります。

例えば、初めてレースに出るとして、仕事の片手間なのでハードな練習はできないとします。
その時に、どういうトレーニングをすれば、好成績を収められるかを考えるんです。
体を鍛えるとか、コースを研究するとか、良いバイクに買い替えるなどの努力ができますよね。
コーナーリングや坂道など、苦手な部分を消すために走りこむのも良いと思います。

でも不安も波のように押し寄せてくると思います。
事故を起こしたらどうしようとか、一番のビリになったらいやだとか、初めてのことにチャレンジするのはとても不安なはずですが、是非頑張ってトライしてみてはどうでしょうか。

最近脂肪が落ちにくいと悩む私

昔よりも活動量、起きている時間などは減っているのに食事量は変わらないとか、運動量は低いまま、お酒を飲む回数が増えた、などということがあると思います。
そこでランニングを始めたり、ジムに通ったりすることもありますよね。

でも、食事量を減らしたり、管理をきちんとして運動もしているつもりなのに、なかなか体重が減らない。ことでお悩みの方はいませんか?

摂取するエネルギーを減らし、消費するエネルギーを増やしたはずなのに、脂肪も体重も落ちない、などです。
やっていることも、根拠も間違っていませんが、やはり極端な制限だと、必要な栄養を取り入れられていないかもしれません。
必要な栄養が足りないばかりに、体脂肪をため込んでいる可能性があります。

極端な制限にならずに、バランスのいい食事を心がけたいですね。

ロードバイクの運動作用について

運動によるダイエットとは、簡単に言えば運動によって筋肉を動かし、酸素を取り込んで脂肪を燃やしていく、という仕組みです。
効率よく脂肪を燃やすには有酸素運動が大切ですが、この有酸素運動がどれだけ効率よく、十分に効いているかが成功のカギなんです。
例えばただ歩く、走るというよりも、階段の上り下りやスクワットの方が可動範囲も広いですし、使う筋肉も多いですよね。

運動で酸素を取り込み、体内の糖質、脂肪を燃焼させることがエネルギーとなり、消費されていきます。
ですので、酸素を多分に必要とする運動が有効になります。例えばジョギング、サイクリング、水泳などです。
ウエイトトレーニング、坂道ダッシュなどの短距離走のような、息を詰め、筋力を使って一気に行うような運動は無酸素運動といわれ、脂肪燃焼効果よりも筋力アップ効果が強くなります。
ジョギングなんかは非常に手軽に始めやすいと思います。

Continue reading “ロードバイクの運動作用について”

一定のペースで走り続けるには練習が必要

一定のペースで走り続ける、マイペースで走り続けるというのは、実は意外に難しいことで、上級者でも一筋縄ではいかないことです。
なぜかというと「マイペースがわからない」ためです。

マイペースというと、基本的には自分にとって無理なく維持できるスピードのことです。
そのスピードが、具体的に○○kmと言える人は、とても少ないはずです。

マイペースなスピードを算出するためには、自分の能力がどれくらいなのかを算出し、そこから測る必要があります。

Continue reading “一定のペースで走り続けるには練習が必要”

ヒルクライムでのサイクルウェアは?

サイクリングウェアは、街乗りやちょい乗りなどなら合わないこともありますが、基本的にはカジュアルなものならとてもよく似合うはずです。
距離ではなく乗るスピードに合わせて、普段着とウエアを変えるという手段もあります。
例えば平均時速35キロ以上で走るなら普段着は重たくなるため、専用のウエアを着るのがおすすめですが、ゆったりと走るのなら普段着で問題ありません。

距離で決めるときは、往復30キロ程度なら普段着、往復50キロ程度なら行く目的(買い物で荷物があるなど)によって決め、100キロならおそらく走るのが一番の目的なはずなので、ウエアを着るのがおすすめです。
用途に合わせて使うものを決めていくと思いますが、自転車においては着る服選びも重要です。

ヒルクライムでは特に汗もかきますが下りでは体も冷えるので、
ウィンドブレーカーなどあるといいですね。

また、ロードバイクではレーサーパンツやジャージ、クロスバイクならTシャツ短パンなどのように、使うバイクによって変えるということもできます。

ロードバイクのトレーニングには超回復

速くなるためには、きつい練習というのは不可欠です。
ですが、きつい練習をしたら必ず速くなるというわけでもありません。

きつい練習、トレーニングというのは、体に強い負荷をかけ、文字通り追い込むというようなことです。
ですので、練習が終わった直後は体のあちこちが痛み、呼吸もままならない状態になることも珍しくありません。

この状態は言わば、練習前よりも悪くなっている、と言えます。

大切なのは、この状態から十分に栄養や睡眠を取ったりして、体を回復させていくときです。
すると、その時には、以前の体よりももっと強い状態になるのです。このことを「超回復」と言います。

きつい練習をする→たくさん栄養や睡眠をとる→超回復する、ということを繰り返すことで、体力や馬力が上がり、速くなるのです。

きつい練習は、あくまでも超回復のための刺激にしかすぎません。
もっとはっきり言えば、体が強くなるのは練習中ではなく、練習後に食事をとり、眠って体を休ませているとき、だと言えます。

そのため、もっと速くなりたい、強くなりたいと思うのであれば、トレーニングと回復はセットにして考えて、回復のことも十分に考える必要があります。

厳しい練習や質の高い練習をすれば、後は適当に休めばいいとついつい考えがちですが、実は練習に応じた適切な回復ができるかが、速くなる前提なのです。

中でも特に重要なのは睡眠です。
プロ選手の大半は毎日9時間から10時間は睡眠をとり、体力を十分に回復させます。
もちろん、プロ選手と同じようなメニューをこなす必要はなく、確保するのも至難の業ですが、栄養を取るのと同時に、質の高い睡眠をとるように意識するだけでも、ぐっと早くなれるはずですよ。