ロードバイクのホイール交換にフルクラムのレーシングゼロを検討

ロードバイクに乗りなれて、レースなどに出ると
欲しくなってくるのが完組ホイールですね。

完組ホイールといっても色々な種類やメーカーがありますが、
私の場合には、得にヒルクライムが好きなので、
軽量かつ剛性の高いものを比較して選んでみた。

とはいえ、予算の都合もありますが、
カンパニューロ、フルクラム、マヴィックあたりが
一番いいのではないかと思います、

得にフルクラムのレーシングゼロは、友人に借りて乗ったこともあり、
印象的でした。

このレーシングゼロのリムがカーボンになったのが、レーシングゼロ・カーボンです。
カーボンのリムとアルミのスポークを独自の手法で組み合わせた、全く新しいホイール
だとの事です。
従来のレーシングゼロのアルミに用いられているアルミの、伝説的な剛性、反応性はそのままに、さらに洗練、改良を加えられたそうなので
今のところは、これが購入の候補になっています。

、また、近年の車体はタイヤが太いのが特徴的で、ワイドリムの必要性も高まってきています。
タイヤがゆがむことなく、正円を保ち続けるためにもワイドリムを取り入れていきたいというところが多くなっているようです。

自転車の練習に縄跳びはありえるのか?

ダイエットに有効な運動は様々ありますが、縄跳びもとても有効なのをご存知でしたか?

よく、プロボクサーなどがマラソンなどの走り込みに加えて縄跳びを飛んでいますよね。
縄跳びは、実は減量という目的に対してとっても効果的なんですよ。

縄跳びもウォーキングやジョギングなどと同じく、有酸素運動の一つですが、普通の縄跳びなのでやることはひたすら飛ぶだけです。

ですが、長い時間継続していると、普通の有酸素運動で得られる効果を得られるんです。
具体的には心肺機能の向上、リズム感、俊敏性などが上がります。

ただ走るのとはまた感覚が異なりますので、ストレス発散や気分転換の効果も期待できます。

さらに縄跳びで飛ぶと、全身の脂肪が揺れて、いい刺激となります。
つまり自転車に乗るような全身運動になるんです。

なので効果がとても高く、余分な肉を少しでも落としたいボクサーなどにとても人気だということです。

ちなみに、ボクサーは縄跳びをするときやランニングをするときは、サウナスーツを着ることが多いですよね。
それはもちろん、汗を大量にかいて余分な水分や老廃物を流して軽くするとか、代謝を上げるという目的のためです。

是非とも運動でたくさん汗を流してみてはどうでしょうか。

レースなどはじめての事に取り組む時

努力は嘘をつかないと言っても、方向性を間違えれば結果は出ず、嘘になってしまうことがあります。
タイムを上げるとか、仕事で成果を出すとか、何事もそうですが、考えて努力をしなければ、結果が出ないことはよくあります。

例えば、初めてレースに出るとして、仕事の片手間なのでハードな練習はできないとします。
その時に、どういうトレーニングをすれば、好成績を収められるかを考えるんです。
体を鍛えるとか、コースを研究するとか、良いバイクに買い替えるなどの努力ができますよね。
コーナーリングや坂道など、苦手な部分を消すために走りこむのも良いと思います。

でも不安も波のように押し寄せてくると思います。
事故を起こしたらどうしようとか、一番のビリになったらいやだとか、初めてのことにチャレンジするのはとても不安なはずですが、是非頑張ってトライしてみてはどうでしょうか。