ツールドフランスがもっと日本でもメジャーにならないかな?

かの有名な大規模自転車レース、ツールドフランスは毎年7月にフランスで行われます。
なんと第1回大会は1903年とされ、第1回の参加者はわずか60人と言われています。

フランスの国内、およそ2400キロを走り切る過酷なレースは、1日に500キロを走る日もあるとされ、もはやレースというよりもトライアスロンや、冒険と言うにふさわしいほど厳しいものです。
現在では世界で最大級のロードレース大会になり、路上で観戦するお客さんは1000万人、レース中継を見る視聴者はなんと全世界で30億人を超えています。

世界中の自転車乗りを興奮させるポイントは、やはり過酷さにあります。
ツールドフランスとは、日本語にして「フランス一周」という意味を持ち、選手は3週間もの時間をかけて国中を駆け回り、現在ではトータルで3500キロを走るとされています。
日本でいうなら本州をぐるっと一周するほどの距離になります。

フランスですので、当然ながらアルプスの険しい山岳地帯を走ることもあり、超人的な一流選手たちがしのぎを削りんす。
選抜された世界最高峰のトップチーム、UCIワールドチームとして18チーム、主催者からワイルドカードとして選出されたUCIプロコンチネンタルチームが4チームの、合計22チームです。
いうまでもなくワイルドカード枠だとしても、全員世界トップクラスの実力を持つレーサーです。

今年のレースは終わってしまいましたが、来年はぜひ見てみてください。